入試で一目惚れした他校の彼との出会いと恋の発展

中学3年生の冬。今までずっと試験を受けることなく人生を歩んできた私は初めての受験を経験しました。田舎育ちな私は、私立と公立の高校を受験することになっていたので、まずは滑り止めである私立の高校の受験が先にありました。
そこで教室が複数に分けられていたのですが、同じ中学校の子もいれば違う中学校の子もいる状態でした。教室に入って自分の席を探していると、他の中学校の子達が集まっていたのですがそこの1人の男子に一目惚れしてしまったのです。爽やかで、笑うと目が細くなって可愛らしくて思わず見てしまいましたね。しかも「あ、この席ですか。すみません。」と気を遣ってくれる場面もあり「良い人だな」なんて思っていました。ですが今日は受験に来たのだからと自分の心を引き締め。受験に臨みました。
受験が終わってから彼の席を見るともう帰っていたようで姿が見えませんでした。この学校に入学すればまた会うこともできるのだろうけれど、第一希望の学校は次に受ける公立高校だったので「もう会えないのか」と諦めていましたね。
そして日も過ぎ、第一希望の公立高校の受験の日になりました。私立高校の時と同じように複数の教室に分かれて試験を受けたのですが、そこであの時一目惚れした彼の中学校の制服の子もいたのです。「もしかして彼もいるのかもしれない」なんて思いながら期待して探してみると、なんとまた同じ教室に彼がいたのです。さすがに覚えていないだろうと思い、声をかけることはできなかったのですが、気のせいか目があったように感じました。その日の受験は、正直集中することができませんでしたね。
そして待ちに待った合格発表の日。公立高校に張り出された結果を直接見に行きました。なんと結果は「合格」。ずっと入学したかった学校だったので嬉しくて仕方ありませんでした。一緒に合格した友人と喜びを分かち合っていたところ、後ろから声をかけられました。するとそれはあの一目惚れした彼の中学校の制服を来た女子でした。「合格しました?あそこの男の子が聞きたいらしくて」と言われたのです。その視線の先を見てみるとあの時の彼でした。
お互い合格していて、同じ高校に通うことになったので話をしてみるとやはり彼も気付いていたのだとか。ですが声をかけることができずに、どうしようと思っていた時に合格発表で偶然会った女友達に「聞いてきてくれ」とお願いしたのだとか。後から聞くとクスっと笑ってしまいましたね。今までで1番運命的な恋だったと思います。

壊したくて離れたくない!出会い系サイトで知り合った大好きな人

いつからだったのかは、覚えてはいません。

始まっていたのか、終わりがあったのかも未だに
はっきりとはしていないんです。

私の心の中で何も起こらなった、そんな思い出、恋愛の話です。

ただの、年下の男の子。

いつも何気ない日常の出来事を、話に来るお客さんでした。

彼女らしき娘と、お店に来ることもあり特に異性として
見るなんて考えられませんでした。

六歳も年下の、しかもまだ学生の相手に彼氏との
別れ話をたまたま見られ、慰めてもらうなんて、
不思議な会話越しの絡みと言う、恋愛風な会話で
お互いを傷つけあうなんて想像だにしていませんでした。

彼氏との別れ話を目撃され、慰めてくれた後
しばらくして、
”旅行に行こうよ。”
と、軽い感じで学生の彼に誘われました。

私は冗談めかしにやんわりと、断ったのですが
その時初めて恋愛対象に見られていると実感しました。

帰宅してから一人になって、年甲斐もなく
ドキドキ高揚したことを覚えています。

それから、彼は私の帰宅の時には従業員出口で待っていて
必ず私の家の前まで一緒に歩いて送ってくれるのでした。

六歳年下、このことが私には引っかかり
”寄ってく?”と、家に誘うことも
指一つ触れることも、しませんでした。

ただお店のカウンター越しでの、お互いの気持ちの探り合いの会話を
かわし、関心を自分に向ける為の異性の存在を匂わせる
やり取り、
そんな繰り返しの数か月でした。

わかっているんですが、本当に年の差が
私を素直にさせず、先輩社員の男性と
飲みに行き、朝帰宅するところを
彼に見られて、そして泣き出しそうな困ったような
彼の顔を見たのが最後になりましたが。

傷つけたのか、裏切り行為のように感じたのか
私にあきれたのか今もそれは分かりません。

ただ、それっきりお店には来ることもなく
出口で彼が待っていることもなく、
なんだか解放されたようでありながらも、
さみしさがつのり、
いたたまれなく、鳴いてばかりでした。

あのやり取りの、うっとしいながらも心がときめく
あんな会話には、もう巡り会えませんでした。

年甲斐もないピュアな恋愛、そんな時間を
過ごせたなかな、と
今は微笑ましく思えます。

学生時代に戻ったかのような、十代の男の子との
おままごとのような、駆け引きで私はきっと
何かを失い、何かを取り戻したんだと思います。

ただ、それはあの時の彼にあって
話してみないと、何なのかはわかりません。

そう、一生わかることのない
永遠の私に課せられた課題です。

追い求めていこうと思います。

初恋は突然の出会いから何気なくやってきた思い出

私の初恋は小学校三年生でした。相手はお隣に住む幼児ルームから一緒にいる幼なじみです。なぜ三年生なのかというと,自分の気持ちに気付いたのが三年生だったからです。相手の子は女の子とも仲が良く,あの子とチュウしたらしいよ!といった噂がよく耳に入り,私はその度に嫌な思いをしていました。それであれ?これって恋?と三年生ながらそう感じました。家が隣ということもあって学校へ行くのも一緒で休日も夕方まで一緒に遊んでいました。しかし年頃ということもあり小学校五年生,六年生となるとだんだんと学校も一緒に行かなくなり,話すことも顔を合わすことも無くなってしまいました。それでも私は好きなままでした。でもこのままじゃダメだと思い,小学校六年生の時に私は友達に協力してもらい告白をしました。その返事はなかなか来ず,なんだかんだ返事が来たのが中学1年生の終わりごろでした。好きな人がいるからごめんね。と言われ振られました。告白から時間がかなり空いたので私の気持ちは冷めつつあり,あまりショックに感じませんでした。ただ家が隣ということもあり帰る時間が同じであったり親同士仲も良いのでよく話が耳に入ってきたりしました。忘れるというよりは,もうご近所さんとして見ようとわたしは自分に言い聞かせました。思い返せばその人との思い出がたくさんあります。小学校の夏休みの宿題として,オリオン座を観察するというのがありました。一緒にやろうよと約束をし,2時間ごとにオリオン座がどこに移動したか記録をするために,外で待ち合わせをし,観察が終わると,じゃあ2時間後ね!と言い家に戻り,また2時間経つと外で2人でオリオン座を見ました。何年も経った今でもあの日見たオリオン座は忘れることが出来ません。思い返せば好きな人と一緒にオリオン座をみるなんてロマンチックなことその時だけかもしれないです…今でも学校の帰り道冬になるとオリオン座が見えて,その度にああ思い出すなあと何年も前の余韻に浸ることが度々あります笑
中学1年生の告白の返事が来て以来,気まずくなってしまい話すこともなくなってしまいました。7年ほどが経ち今は20になるわたしたち,親から聞く話でどこの高校を出てどこの大学に通っているか,なんのアルバイトをしているかということは知っているものの,帰る時間が偶然同じで鉢合わせをしてしまっても決して挨拶することはなく,何も見ない何も居ないかのように,わたしも相手も無視をします。自分が好きになって告白をしたせいで気まずく仲が悪くなってしまい,後悔でしかないです。もし告白をしなかったら今でも仲が良い幼なじみでいられたかもしれないです。また話したいし仲良くなりたいので,最近は会ったら挨拶しよう,そう決めています。出来るかは分かりませんが。
私の初恋は後悔しかないです。そんな体験でした。